リスペクトの家庭教師として2ヶ月前にデビューした新人教師である彼。入ったばかりの彼だからこそ見えるリスペクトの世界について聞いてみた。地元で政治家になるという大志を抱く彼はここで何を考え、働いているのだろうか。入ったばかりの印象をリアルに語っているので、エントリーを迷っている方は是非とも一読して欲しい。

友人の紹介によりリスペクトに入った彼だが、学生主体の企業であることに魅力を感じたという。

「代表以外は学生しかいないということに惹かれました。ここは普通のアルバイトと違って、学生が自分のやるべき仕事を自発的に行っている。社会に出たら自発的な働き方って当然のように求められるので、アルバイトで経験を積めるならやってみたいと思いました。」

そうして彼はリスペクトに入り、教務研修に進むことになった。「リスペクト・ラボ」(という、当社の家庭教師サービスを受けているご家庭限定のサポート塾)での実践的な教務研修に進んだ頃、生徒とのコミュニケーションに悩んだと語っている。

「日常生活で小中高生と関わる機会ってあんまりないじゃないですか。だから最初は生徒との距離を縮めるのが難しかったです。形式的になってしまっていた僕の指導に生徒も敏感で、深く関われていませんでした。でも生徒のことを本気で考えて寄り添った指導を続けることで、生徒の本心に触れられると気づけたんです。生徒と本気で対話することが大切だと実感できました。この経験は地元で政治家をやるにも重要だと思ってます。地域活性をしようと思うと若い子の意見を聞き出すってすごく大事で。教師としても将来のために今も試行錯誤です。」

彼は研修が終わって早々に家庭教師の案件を持つことになった。ここではリスペクト特有の積極的に後輩を成長させようとする文化に助けられていると語る。

リスペクトの教師は一科目専門制で、一人の生徒に複数科目を教える場合は複数の教師でのチーム指導となる。彼が生徒の個性に合った指導法に悩んでいたとき、同じ生徒を教える先輩のアドバイスが参考になったという。

「先輩たちは後輩を成長させてあげようという思いが強い。リスペクトにはサークルや部活のような上下の繋がりの強さがある。一つの目標に対し、先輩と後輩で積極的にコミュニケーションを取りながら進めるのは楽しいですよね。」

またリスペクトのメンバーはみんな個性的であり、今まで会ったこのないような人たちと働くことが新鮮だと言う。

「リスペクトって個性が強いメンバーが何故か集まってるんですよね(笑)。先輩のY先生なんて見た目すごいチャラいのに教育には熱くて教えるのが上手い。今までの交友関係を考えると、仲良くなってないかもしれない先輩たちとここで出会えました。「そんな考え方あるんだ!」みたいな自分の想像の範疇を超えてくるような人々と働くのは新鮮で勉強させられっぱなしです。」

彼は将来地元の青森に戻り政治家になるという夢のために成長できる環境を常に模索しているという。

「青森では出来ないような経験がしたくて横浜に来ました。今までにないような考え方をたくさん吸収したくて。みんなよく海外留学とか行くけど、僕の場合は横浜に来たことが留学みたいなものです。最終的には青森に帰って政治家になるために、今は成長できる環境を常に模索してます。」

そう語る彼は様々なコミュニティの所属して、常に忙しくしている。

地域交流するためにジャグリングサークルに所属したり、大人の人たちとの交流を求めて学園祭実行委員会で渉外担当に所属。

その他にも学生団体やインカレサークルに入って交友を広げながら、自己投資になるような活動を続けている。

そのなかでリスペクトでの仕事は最も政治家という夢に近づける環境だと語る。

「生徒を成長させること。後輩ができたら育成すること。多くの人を巻き込みながら一つのプロジェクトを動かしていくこと。これらリスペクトの仕事は、規模は違うものの政治家の仕事と似ています。政治家は街や住民を育てて、環境をより良くしていく。そのためには多くの人を巻き込まなければならない。政治家という夢のためにリスペクトでの仕事は最高の環境です。」

大きな夢を抱いている彼だが、しっかりと自分の現状も理解している。

「よく先輩に言われるのが言葉が薄っぺらいということです。自分の中では本心を語っていても経験に伴わない言葉はやはり軽い言葉だと見られてしまいます。生徒に影響を与えたり、人の上に立ち何かをしようと思うと経験に裏打ちされた発言力が必要で。リスペクトも含め多くのコミュニティで ”色んな経験” をしていきたいです。」

――"色んな経験"っていうのがもはや薄っぺらいね(笑)

「え!でも本当に色んな経験がしたいんですよ(笑)」

そんな彼に、これから入ってくれるかもしれない人たちへのメッセージをもらった。

「僕はここで多くのことが学べると思ってます。生徒や後輩を成長させたり、多くの人を巻き込んで何かを進めたり。そんな仕事を刺激的な先輩たちとできるのも魅力。リスペクトはまだ発展途上のベンチャー企業だから自信の成長が組織の成長にも繋がる。こんなやりがいのあるバイトはなかなか見つかりません。個人的には今後、リスペクトの拡大に関わっていきたいです。生徒も教師も増やしていきたい。そんな風に、自分から積極的に関わっていきたい組織がリスペクトです。僕と一緒にリスペクトを成長させていきましょう!ここで"色んな経験"しましょう!(笑)」