リスペクトの経理、それは会社の中心を担うといっても過言ではない経営の要。損益の計算、社員の給料の算定、お客様にお支払い頂く料金の精算等を行うと共に財務分野からの経営戦略にも関わる。学生のうちにこのような立場を経験することは大変貴重だが責任もある。そんな重役をこなしてきたOBである彼にリスペクトに対する想いを聞いた。

経営に興味のあった彼は横浜国立大学経営学部に入学し、3年次には簿記一級を取得した。その後友人の紹介からリスペクトを知る。リスペクトは教師の業務のほか、広報部や経理、クリエイティブなど様々な業務がある。彼は以前から興味のあった経理の道を選びリスペクトの経営を担うことになる。

簿記一級を取得していた彼だが、実際に会社に入って経理の仕事に取り組んだが資格と実際の業務には想像以上の差があったという。

「簿記一級や会計士の資格などは目の前の問題ができるように、勉強としてやってしまっている部分が強かったんです。しかし、会社の経営に関わる立場になると、どこに正解があるかわからない問題に多くぶつかり、悩みました。また給与という言葉一つとっても実際に仕事上行うとその意味がリアルになりました。給与の計算をしている相手はいつもご飯を食べに行ったりしている仲間ですからね。時には私情が入ってしまいそうになるという葛藤もありました。机上では絶対に学べない貴重な経験をリスペクトでは学べましたね。」

彼は現在、リスペクトを卒業し大手金融会社で営業として働いているが、そこでもリスペクトの経験が活きていると言う。

「僕たちが目標として動いている営業の数字は、かつて自分がリスペクトでやっていたような財務の方達が作っている。そのような仕事の背景が初めての仕事でも見える状態から働き始められました。手元だけでなく広い視野を持って仕事ができていると感じます。仕事の背景が見えることによって、更に自分の今の業務に対する責任感が増しました(笑)」

リスペクトの卒業生は卒業後もリスペクトを見守っており、休日に職場に来る人も多い。そのような仲間同士の強いつながりがつくれるのは学生が主体となって運営しているからこそだろう。

また彼はリスペクトという会社を通して自分の得意な部分だけでなく苦手な部分まで伸ばすことができたと言う。

「自分は人と議論をするのが苦手な性格でした。」

しかしリスペクトでは代表含め一人一人の距離感がとても近いため必然的に議論しなければならない環境が作り出されている。それによって彼も自然と変わっていくことができた。

「本当にやりたいことをやろうと思った時には意見をぶつけ合うことが大切だと体感でき、自分も次第に意見が言えるようになりました。」

経理だけでなく、学習事業の責任者や広報の責任者など、自分とは違う部分で長けている仲間と共に仕事をすることにより、当時、彼が成長したいと意識していなかった部分まで大きく成長できた。

「やる気と発想があれば自由に動ける会社です。様々な分野に長けた仲間が近くにいる環境なので、教育業界で何かやりたいという方だけでなく、『こんな事業をやってみたい!』という発想を試したい方も大歓迎です。」

教育会社という枠にとらわれず、様々な「得意」を持った人間がいるリスペクト。だからこそ、そこで出会える仲間はかけがえのないものとなる。